思ってたんと違う

日常のもろもろ つらつら

久しぶりすぎて何から書くか困る

お久しぶりです。

一ヶ月も開くと、私がブログを書いていたことなど、忙しいみなさんの記憶からはトコロテン式に押し出され、無くなってしまっていることでしょう…

私のことを忘れないで!!

 

てわけで。

みなさん、花粉には悩まされてますか?

私は花粉症になんかなってないはずだ、と日々自分に言い聞かせて生きています。

 

 

久しぶりすぎて何から書くか困る

この一ヶ月強、何があったかを箇条書きにすると

 

富山泰葉

・Psychedeliaレコーディング

ゴッサム団長レコーディング

・Psychedeliaライブ×1 & レコ発

ゴッサム団長ライブ×2

・確定申告(重要

 ↑郵送で済ませた

 

f:id:depantyu-ysh:20170313184516j:plain

↑ Psychedeliaレコーディングの時に可愛くてついつい買ったガチャガチャ、「シャクレルプラネット」と、ドラム録り終わって暇つぶしにガムテープで作った指人形

 

f:id:depantyu-ysh:20170313184807j:plain

f:id:depantyu-ysh:20170313184831j:plain

f:id:depantyu-ysh:20170313184847j:plain

↑ レコーディングの時のドラム×2回分

 

 

 

コブラさん

twitter.com

・Psychedelia CDデザイン

ゴッサム団長 CDデザイン

・妹のフライヤー作成

ゴッサムグッズデザイン(缶バッジ、バンダナ、ステッカー)

 

f:id:depantyu-ysh:20170313185306j:plain

PsychedeliaのCD

 

f:id:depantyu-ysh:20170313185404j:plain

ゴッサム団長CD

 

 

 

本体(富山泰葉)と分身(コブラさん)が同時に活動していたため、消耗が2倍だったわけです…

f:id:depantyu-ysh:20170313190128j:plainイメージ画像

 

 

 

まずはレコーディングについて

私はクリック練大好き人間なので、レコーディングは楽しいんですよね。

本当はクリックなし一発どりがいいんだろうけど…。

なので、2テイクくらいでズバアアアアアアっと終わらせ、他のメンバーを尻目にお菓子を貪り食う(太りました)わけです。

(ドラマーってみんなこうよね?違う?)

 

Psychedeliaのレコーディングは前回同様、三浦実穂さんにエンジニアをお願いして、とっっても穏やかな雰囲気で女子会してました笑

個人的には毎日エンジニアさんと電車に乗ってスタジオから一緒に帰る時間が楽しかった。笑

 

 

で、ゴッサム団長は茨城県に行ってレコーディング。

初、茨城上陸だったわけですが、終始寝てたので、茨城感は味わえなかったです。

(小学生の日記みたいな文章になっている…)

f:id:depantyu-ysh:20170313191014j:plain

エンジニアをしてくださった樫村さんです。

で、その樫村さん、JUNGLE LIFEで連載コラムをしていて、今月の記事に載せてもらいました、ゴッサム団長!ワーーーーーーーーーイ

 

これ!!!

CHAPTER H[aus]エンジニア 樫村治延の セルフRECはプロRECを越えられるか? 第27回 | JUNGLE☆LIFE

記事の最後にちょびっと載ってるだけやけど嬉しいねえ。

 

Psychedeliaの音源は3/3手売り販売開始

ゴッサム団長は3/20から販売開始!関西で流通かかるかもなので、遠方にいる私のことを知っている人は、手にとってみてください!!!

 

 

ライブもやりましたよ!!

ライブも何本か。

一番印象に残ってるのは直近の中野でのライブですね…!

Big John Batesというバンドのツアーでゴッサム団長対バンだったんですが

f:id:depantyu-ysh:20170313192651j:plain

超カッコ良かった。

バイオリンのemilyさんととーーーーーっても仲良くなりました(一方的な想いかも知らんけど…)

f:id:depantyu-ysh:20170313192831j:plain

 

切実に英語が話せるようになりたいと思った。

Really? と Thank you! を連呼して乗り切った感。

自分の気持ちを伝えられないもどかしさ…!!!

一応昔英会話習ってたから、何言ってるかはわかるけど、言葉が出てこない。

そして字が読めない。(それは学生時代にサボったからやけど)

英語圏の日本語話せる方、私と1日何分か会話するボランティアしませんかアアアアアア

 

 

 

 

コブラさんの活動をざざっと

上に書いたようにジャケ作成、グッズデザインやりました。

「楽しかった。とにかく絵を描いてる時は無になれる。」

と分身は言っていました。(あくまでも分身設定で通す)

 

で、ひと段落して、知り合いのロゴコンペ出したりしちゃってます。

みなさん。コブラさんにお仕事ください。笑

f:id:depantyu-ysh:20170313193644j:plain

 

 

 

 

 

忙しい、忙しいと言いつつも漫画、アニメ、などなどは毎日少しずつ吸収しております。

今日のオススメ

漫画「兎が二匹」

f:id:depantyu-ysh:20170313194017j:plain

www.amazon.co.jp

 

●ストーリー

自殺を繰り返しては甦る不老不死のすずと、 彼女と寄り添い生きることを望む青年サク。 互いの想いが深まるほど、二人はすれ違っていく。

 

という、とにかく切ない漫画。全2巻です。

 

永遠の命を持つこと、人と同じ歩幅で生きられないことの苦悩。

死ぬことは怖いけど、永遠に生き続けるのもぞっとします。

終わりがあるからそこに向かって進めるし、無意識に死を自覚しているからなんだかんだ生きられるんですよ。少なくとも私はそうです。

終わりが来るから耐えられるし、楽しめるんだ、きっと。

 

この物語のほとんどが、二人が紡いだ日々の回想になっています。

感情移入するとかなり心を消耗するので、物語世界にトリップするタイプの人は読むタイミングを選んだほうがいいです。私は寝る前に泣いた。笑

メンタルの調子が悪い時は控えたほうがいいタイプの作品ですが、オススメです。

 

 

 

少し前に見た映画

「パプリカ」

Amazon CAPTCHA

f:id:depantyu-ysh:20170314125809j:plain

今敏監督の映画は「東京ゴットファーザーズ」も素晴らしいですが、オススメはパプリカです。2010年に亡くなられたのが悔やまれる…

ストーリーは「東京ゴットファーザーズ」の方がキャッチーです。是非冬のうちに見て欲しい。

 

●ストーリー

パプリカ/千葉敦子は、時田浩作の発明した夢を共有する装置DCミニを使用するサイコセラピスト。ある日、そのDCミニが研究所から盗まれてしまい、それを悪用して他人の夢に強制介入し、悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生するようになる。敦子達は犯人の正体・目的、そして終わり無き悪夢から抜け出す方法を探る。

wikipediaより

 

とにかく美しい。色彩豊かで、映画の世界観に飲み込まれます。

 

見て欲しいのでネタバレは避けますが、大人になるということ、無意識下にある負の感情や夢見る子供の部分を受け入れ現実を全うできるか、などなど、考えさせられる作品です。

生きていると多かれ少なかれ「忘れられない夢」や「耐えきれない現実」がそこら中に転がっていて、それらを気づかないふりをしているわけですが、夢の世界に逃げ込んで無自覚を自覚する、精神的療法です。

私もパプリカに癒されたい。

 

割と自由に生きているので、そんなに困ってない気もするけど…

 

 

 

さらにちょっと前に読んだ小説

「何もかも憂鬱な夜に」

Amazon CAPTCHA

f:id:depantyu-ysh:20170314131910j:plain

人気小説家、中村文則さんの作品です。

 

●ストーリー

施設で育った刑務官の「僕」は、夫婦を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している―。どこか自分に似た山井と接する中で、「僕」が抱える、自殺した友人の記憶、大切な恩師とのやりとり、自分の中の混沌が描き出される。芥川賞作家が重大犯罪と死刑制度、生と死、そして希望と真摯に向き合った長編小説。

Amazon Bookデータベースより

 

人間の中に渦巻くグロテスクな感情に真正面からぶつかった文章。

嫉妬や僻み、どうしようもない怒りてのは、誰でも持ってるものだけど、みんな心の底の沼に沈めてそっと生きていて。

 

自殺した友人から届く「真下ノート」という自殺前までに認められた文章が度々出てくるんですが、こんなに共鳴するのか、というくらい、自分の中の陰鬱な部分が震えました。

 

生きることに迷ったり、憂鬱な日々から向け出すことが出来ないんじゃないか、と思ったり、そんな時に読みたい一冊です。

 

「考えることで、人間はどのようにでもなることができる、……世界に何の意味もなかったとしても、人間はその意味を、つくりだすことができる

 

とにかく、芸術は救いだと思います。笑

 

 

 

 

オススメの作品が思ったより暗くて泣ける 

オススメしたい3作品をパパッと紹介したわけですが、割とダウナーなラインナップ。笑

自分の体調によるんですが、私は割と陰鬱な作品が大好きで。笑

他人の隠した闇を垣間見た時は、途端にその人から強いエネルギーを感じて惹かれたりします。

 

“生”に対するエネルギーと“死”に対するエネルギーは同等で、どちらも芸術作品を生み出すのに必要不可欠なものだと思っていて

日々の感情を昇華してくれるのも、無意識の負の感情を引き出してくれるのも、芸術だと思っています。

 

いつか自分の奏でる音楽や、文章、描いた絵が誰かのもとに届いた時、そんな風に思ってもらえたらな、なんて思ったりしてます。(真面目モード。)

 

ついでに一番好きな画家、鴨居玲さんの「出を待つ(道化師)」を紹介

f:id:depantyu-ysh:20170314135327j:plain

実物を見ると、この赤に引きずり込まれてしまうような「心を奪われる」を実感した一枚でした。

これまた、死ぬ死ぬ詐欺を繰り返し、自殺未遂の果てに本当に死んじゃった画家さんの作品ですね。笑

 

真摯に自己と向き合うと死期が早まるのでしょう…

 

 

 

 

てわけで、今回は私の好きを紹介いたしましたー

こんな真面目な文章書くつもりちゃうかったぞ!

思ってたんとちゃう!!!!