読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ってたんと違う

日常のもろもろ つらつら

トラウマでウォシュレットが使えない

きょうは寒いですね。

みなさんは小さい頃のトラウマを引きずってますか?

私は未だにウォシュレットが使えません。

 

4歳の頃のトラウマがウォシュレットを遠ざける

思い出話ここで少し。

4歳くらいの時、祖父母の家に暖かくなる便座が設置されました。

もちろんウォシュレットも。

 

その頃の私ときたら臆病なのに好奇心があり、人目につかないところでコソコソとイタズラをしたりしていました。あと、幼稚園の下駄箱でダンゴムシを飼っていました。

 

話を戻しますが、祖父母の家に遊びに行った時にトイレで見つけてしまったのです。

あの「おしりボタン」を。

f:id:depantyu-ysh:20161124213005j:plain

どうなるか分からない、でも押してみたい。

私は迷いましたが、心を決めて「おしりボタン」を押したのです。

 

その時の設定は、水勢が最強。

4歳の私は便座に深く腰掛けることが出来ず、勢いよく浮き出した水はおしりに当たることなく背中の後ろを通り、頭上を越え、向かいの壁にかかったのです。

 

f:id:depantyu-ysh:20161124213609j:plain

(こんな感じだったと思います)

 

トイレは見事にびしょ濡れ。

止 という字が読めず、いつまでも出続ける水。

最終的に母を呼んで止めてもらい、半笑いでこっぴどく叱られました。

 

私はそれ以来、ウォシュレットを使えない。

 

しかし昨日、私はウォシュレットを押してしまったのです。

 

やっぱりウォシュレットは悲劇を生む

昨日はサポートのバンドでライブがあり、出番までの間に居酒屋に行きました。

その居酒屋でお手洗いに行った時、事件は起きました。

私は用を足した後、立ち上がろうとして手をついたら、押すつもりなくウォシュレットを押してしまったのです。

文章ではわかりにくいかと思うので、下手くそな絵で描いてみました。

f:id:depantyu-ysh:20161124215628j:plain

f:id:depantyu-ysh:20161124215417j:plain

 こんなことってある?!

 

恥ずかしさと悔しさ、行き場のない怒りで、濡れた理由をその場では説明せず、静かに奥歯をギリギリ言わせていました。

 

サポートをしているバンド、ゴッサム団長の団長はこのブログを見て、この事実を知ることでしょう…

 

 

てわけで、昨日はライブでした。

 ゴッサム団長でのライブ。

とにかく楽しく叩いています。

f:id:depantyu-ysh:20161124221136j:plain

こんな感じでした。

 

ジャンルはサイコビリー、ロカビリーですが、メロディーは歌謡曲

愉快な大人とバンドをしているわけです。

f:id:depantyu-ysh:20161124221320j:plain

写真は左ウッドベースボーカルの団長、ギターコーラスのよしながさん

 

 

キラーチューンはこちら。

「上から鈴木」

この曲めちゃくちゃ盛り上がるんです。

youtu.be

聞いていただいたら分かりますが

歌詞にしっかり「ウォシュレット」

縁がある。

 

昨日は初めましての人が多く、今までの経歴やらなんやらを10回くらい聞かれました。

今までやってきた音楽と全然違うでしょ!と言われたりしますが、私は何のジャンルであろうと楽しく音楽ができることを第一に考えているので、あまり気にしてません。

 

ジャンルって括りは人が勝手に決めたことなので、

すべては「好きでやってる」

これに尽きます。

音楽ジャンルに優越は無いし、あの音楽やってるからアイツはダメだ、アイツは良い、なんてのも無いと思ってるんです。

一部の人間への牽制です。

 

だから、これからも好きだと思ったら、なんでもやろうと思っております。

 

 

 

今週末はこのバンド、長野でライブいたします。

f:id:depantyu-ysh:20161124222535j:plain

 寒さに耐えらるか、それだけが課題です。

 

長くなった。

思ってたんと違う。